一度受けると、「他のチームにも」、「半年たったので次のステージに」など、二度目のお声がけをいただきます。その理由は、違いが「見える」から。自らが「気づきから学ぶ」ので、考えることが身につきます。「考えること」が楽しくなると、創意工夫ができパフォーマンスが上がるというポジティブサイクルが生まれます。

気どっていられない研修だから、お互いの個性が見え、尊重と一体感が生まれます。だから業務に戻ると、今までとは違う発展や提案が動き出します。

独自のツール「自分パズル®」で、セルフコア(自分の軸)を発見します

「自分パズル®」は、知らず知らずに自分が見えていく創造的ツールです。自分を構成する大切な軸、セルフコアが明確になるので、自分がどうあれば充足感とやる気を感じるのか、が見えてきます。

「ドリームマップ®」で、ビジョンを描き、自分の生かし方と「自分の未来」をプランします

「ドリームマップ®」は、4つの視点でビジョンを描きます。自分、他者、顧客、社会。自分はどんな影響や貢献ができるのか、自分と自分の人生における仕事。俯瞰してみたビジョンを作り、その後具体的なアクションプランを策定します。与えられた武器やチャンスをどう使うのか?どこに向かって進むのか?を考えることが楽しくなり、おのずと前進したくなります。

「自分を知る」ことからはじめ、「自分をどう生かすか」を考え、「自分の未来をプラン」します

すべて自分が、主人公。だから、自主性が生まれます。主人公の自分が、与えられた武器やチャンスをどう使うのか?どこに向かって進むのか?をおのずと考えたくなります。

「自分を知る」と「自分で考えること」を、最重要視します

自分の考え、を繰り返し確認しアウトプットするので、自己理解・他者理解共に深まります。個人の力もチームの力も最大化です。

 

本人にとっては、仕事が楽しくなる研修。

会社側にとっては、面接するより見える、と言われる満足度の高い研修です。
社員の資質とキャリアプラン、会社の方向性が合っていれば、会社の成長につながります。

実績:(株)大阪前田製菓、(株)アマナ、Randstad (株)、津田塾大学、 聖路加国際大学 ほか