「仕事は、 何色ですか?」
と聞くと、様々な答えがかえってきます。
灰色や黒から、オレンジや白まで。それだけでも、その人の仕事の状況や捉え方がわかります。
仕事を楽しんでいる人と、そうでない人。

「仕事が楽しいと思えるのは、どんな時?」img002
「達成感を感じるとき」、「評価されたとき」や「自分が役に立っていると感じるとき」といった答えがかえってきます。
これは「自分の強味が生かされている時」です。

人は自分の強味が生かされた状態で「自分の存在意義」と「仕事の意義」を感じると活力が生まれてワークエンゲージメントが上がります。

ワークエンゲージメントが高まった時、仕事を楽しみパフォーマンスに反映されるのです。